武陽月報 March 2018 武陽月報Vol.241 March 2018
平成30年3月5日発行

武陽食品株式会社
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル
Tel.03-3211-4831 Fax.03-3211-6004
武陽月報は、大豆と共に情報をお届けするニュースレターです。

全国納豆鑑評会2月23日開催 最優秀賞決まる!
第23回全国納豆鑑評会が2月23日(金)群馬県伊香保町ホテル「天坊」で開催された。結果は以下の通り。

  
名  称 商品名 メーカー名
都道府県名
最優秀賞
農林水産大臣賞
国産中粒納豆 (有)高丸食品 
愛知県
優秀賞(小粒・極小粒部門)
農林水産省食料産業局長賞
国産大豆黒酢納豆 オシキリ食品(株) 
北海道
優秀賞(小粒・極小粒部門)
農林水産省食料産業局長賞
鎌倉小粒 鎌倉山納豆野呂食品(株)
神奈川県
優秀賞(大粒・中粒部門)
農林水産省食料産業局長賞
伊達藩永太郎納豆 大粒 蔵政 (有)大永商店
宮城県
優秀賞(大粒・中粒部門)
農林水産省食料産業局長賞
雪誉(ゆきほまれ) (株)オーサト
茨城県
優秀賞(小粒・極小粒部門)
全国農業協同組合連合会長賞
北海道産小粒三ツ折 (有)川口納豆
宮城県
優秀賞(大粒・中粒部門)
全国農業協同組合連合会長賞
大粒納豆 吟選 (株)大力納豆
新潟県
優良賞(小粒・極小粒部門)
全国納豆協同組合連合会長賞
なちゅらるなっとう (有)菊水食品
茨城県
優良賞(大粒・中粒部門)
全国納豆協同組合連合会長賞
京納豆 大粒 藤原食品
京都府
優良賞(小粒・極小粒部門)
納親会会長賞
北海道小粒納豆 (株)オーサト
茨城県
優良賞(大粒・中粒部門)
納親会会長賞
国産大粒つる姫納豆 (有)菅谷食品
東京都
特別賞(小粒・極小粒部門)
関東農政局長賞
おいしい小粒納豆北海道産 (株)まるだい
群馬県
特別賞(大粒・中粒部門)
関東農政局長賞
北海道産中粒納豆 (株)ヘルシーフーズワタナベ
栃木県
特別賞(小粒・極小粒部門)
群馬県知事賞
(合わせ納豆)えぞふじ納豆 (社福)黒松内つくし園羊蹄セルブ
北海道
特別賞(大粒・中粒部門)
群馬県知事賞
北海道のわら納豆 大粒 道南平塚食品(株)
北海道
特別賞(小粒・極小粒部門)
渋川市市長賞
羊蹄納豆 すず丸 (有)羊蹄食品
北海道
特別賞(大粒・中粒部門)
渋川市市長賞
大粒なっとう羊蹄 (有)羊蹄食品
北海道
特別賞 ひきわり大豆部門
全国納豆協同組合連合会長賞
国産ひきわり納豆 (有)菅谷食品
東京都
特別賞 ひきわり大豆部門
納親会長賞
日の出っ子 九州産ひきわり納豆 佐藤食品工業(有)
鹿児島県
特別賞 アメリカ大豆部門
Red River Valley U.S. Award
山ノ下なっとう (株)山ノ下納豆製造所
新潟県
特別賞 アメリカ大豆部門 アメリカ大豆サステナビリティーアンバサダーアワード ねばり一番 原田製油(有)
大分県

30年産から本格導入、国産大豆播種前入札
農水省と日本特農産物協会(特農協)は、国産大豆の播種前入札取引制度の説明会を同省内で開いた。同制度は29年産で試験導入を行っており、30年産から本格導入となる。産地と実需者との連携を拡大していく取り組みで、播種前入札以外でも(国産大豆)取引の質的向上につながる。制度概要は、播種前入札は4月に1回開催し、上場銘柄は生産見込み数量が1,700t以上の産地銘柄となり、上場数量は生産見込み数量の10%となる。1口9.9tで、大粒及び中粒は大粒、小粒及び極小粒は小粒として上場される。播種前入札のメリットについては、生産者は作付け前に決まった価格で一定量の売り先を確保でき、経営計画を立てられる一方で、実需者は一定量を作付け前に決めた価格で原料大豆を調達できることで、生産計画を立てることが可能になり、大幅な価格変動の際にはリスクヘッジにもなる。正式導入に際しての変更点は、上場ロットが9.9tと多量のため、小規模実需者でも参加できるように、組合単位で参加できるようにした。また、組合は問屋として扱っていたが、今後は加工業者と同じ扱いになると付け加えた。

カナダ大豆現地価格上昇
前回にもお伝えした通りカナダ大豆が高値を続けており、最近ではさらに現地価格が上昇し続けている。昨年産はN-GMOの作付け量が減少した事に加え単収減となり、一部のサプライヤーでのショートが見られる。さらに、中国向けに大口成約が決まりそうな気配もでてきた。シカゴの10ドルと併せ今後の入港する大豆は高くなりそうだ。

17/18年度米国大豆需給予測、期末在庫5億3,000万busに上方修正
米農務省が8日発表した、17/18年度の米国大豆需給予測によれば、前回から単収・生産高も含めて供給量は前回から据え置きとなったが、輸出需要が前回から21億busに減少したことで、期末在庫は5億3,000万bus(在庫率12.7%)に上方修正された。又、世界の大豆生産高は前回比0.5%減の3億4,692万トンとなった。ブラジルは前回から増加している一方、アルゼンチン、パラグアイなどで減少している。

★★【世界の大豆生産高予想】単位 百万トン

 
生産年度 17/18 16/17
発表月日 2/8 1/12 2/8
米国 119.52 119.62 116.92
ブラジル 112.00 110.00 114.10
アルゼンチン 54.00 56.00 57.80
パラグアイ 9.20 9.40 10.67
ボリビア 2.60 3.42 2.11
中国 14.20 14.20 12.90
インド 9.50 10.00 11.50
カナダ 8.00 8.00 6.55
ロシア 3.50 3.50 3.12
ウクライナ 3.89 4.00 4.28
EU-27 2.50 2.50 2.38
合計346.92 348.57 351.92

★★【米国大豆需給予想】単位 百万ブッシェル

                       
生産年度 17/18 16/17
発表月日 2/8 2/12 2/8
作付面積(百万A)90.1 90.1 83.4
収穫面積89.5 89.5 82.7
1A当たり収量49.1 49.5 52.0
期首在庫302 302 197
生産量4,392 4,392 4,296
合計+輸入量4,718 4,718 4,515
  搾油1,950 1,940 1,899
  種子139 139 141
  輸出2,100 2,160 2,174
合計4,288 4,248 4,213
  期末在庫530 470 302
  在庫率12.7 11.1 7.1




新発売

米国ミネソタ州産白目大豆【GSP07】

今年から販売を開始しました。豆腐・油揚げに最適です。